文房具屋さんドットコムニュース

【企業】ヤマト会長・長谷川澄雄著「革新の連続が暖簾をつくる ―受け継がれる『一代一起業』の精神―」が学研プラスから発刊/ヤマト

2021/04/21

ヤマトは、1899年の創業以来、でんぷん糊「ヤマト糊」をはじめ、液状のり「アラビックヤマト」など、様々なロングセラー商品を生み出してきました。それは、「接着」の持つ限りない可能性を「創造」に変える挑戦の連続でした。
 本書では、ヤマト120年の歴史の中、約50年社長として会社を牽引してきた現会長、長谷川澄雄氏が、これまでの歴史を振り返りつつ、4代続く企業DNAや様々な改革について記しています。ヤマトのモノづくりの原点や継承されてきた理念や技術、ヤマトの歴史の数々が詰まった一冊となっています。
 ■長谷川澄雄氏プロフィール■
 1951年慶応大在学時、先代の死去によりヤマト糊工業(現ヤマト)三代目社長に就任。(一社)全日本文具協会会長、(一社)東京文具工業連盟など業界関連団体のトップとしても活躍。2000年より代表取締役会長。1989年藍綬褒章、2004年旭日小綬章受章。